« 谷垣自民総裁 伊勢神宮を参拝「現政権の問題点追及」(毎日新聞) | トップページ | 食道がんの小沢征爾さん「夏には元気な姿に」(読売新聞) »

2010年1月 8日 (金)

人口が3年連続自然減、減少幅は戦後最大(読売新聞)

 厚生労働省がまとめた2009年の人口動態統計年間推計によると、日本人の死亡数は出生数を7万5000人上回り、3年連続の自然減となった。

 減少幅は戦後最大で、人口減のペースは加速している。

 09年の死亡数は114万4000人(前年比2000人増)、出生数は106万9000人(同2万2000人減)で、減少幅は前年より2万4000人拡大した。日本の人口は05年に戦後初めて自然減となり、06年は第2次ベビーブーム世代の出産増などで自然増となったが、07年以降は再び減少している。

 女性が生涯に産む子どもの数の推計値である09年の合計特殊出生率は、前年の1・37と同程度となる見通しで、同省は「今後も人口減の幅は拡大する」とみている。

ラーメン博士
やすゆきのブログ
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
現金化

« 谷垣自民総裁 伊勢神宮を参拝「現政権の問題点追及」(毎日新聞) | トップページ | 食道がんの小沢征爾さん「夏には元気な姿に」(読売新聞) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315329/32902696

この記事へのトラックバック一覧です: 人口が3年連続自然減、減少幅は戦後最大(読売新聞):

« 谷垣自民総裁 伊勢神宮を参拝「現政権の問題点追及」(毎日新聞) | トップページ | 食道がんの小沢征爾さん「夏には元気な姿に」(読売新聞) »